賢い債務整理の方法を詳しく紹介しています!

債務整理で借金なくそう。

借金返済ガイド
TOPページ
悪質業者に注意
金融業者の種類
借金に関する法律
債務整理のQ&A

債務整理の方法
任意整理
特定調停
個人民事再生
自己破産
過払い金

 

債務整理とは

債務整理とは、今かかえてらっしゃる借金の問題を解決する手続きできのことをいいます。
多重債務で膨れあがってしまった借金を解決するには、自己破産の選択しかないと思わ
れている方が多いですが、解決方法は自己破産以外にもいくつかの種類があって、それ
ぞれに特徴があります。
自分がどの解決方法を選択すればよいのだろう。と悩みますよね。制度についてしっかり
理解して、自分に合った方法を利用することで債務を減らしたり、債務をゼロにすることが
できます。ここでは、それぞれの特徴を、わかりやすく紹介していきますので、ぜひ参考に
してみて下さいね。

 

個人民事再生について

個人民事再生とは、債務整理をしたいけど、返済ローンの残る住宅はどうしても手放したく
ない、という場合に住宅ローン以外の借金だけ減額して、その返済で借金を免責する手続
きです。
自己破産とは違いって、自分の財産を手放さずに借金の一部を免除してもらい、残額を3年
(最長5年)で分割して返済することができる制度です。
弁済額は、債務額の1/5で最低100万円、最高300万円を支払えば残余の債務は免責され
ます。
個人民事再生は地方裁判所で行い一般債権は元本も縮減できるるんです!

ただし、個人民事再生は以下要件を満たすことが必要ですので、確認して下さいね。

・個人債務者であること
・将来においてしっかりとした収入の見込みがある
・住宅ローンを除く負債総額が5000万円未満

個人民事再生は住宅ローンは丸々残りますが、一般債権はかなり減ります。

 

個人民事再生のメリット

まずは、個人民事再生を行うことでのメリットをみていきましょう。

債務元本の減額
個人民事再生の一番のメリットは住宅ローンを除いた、利息制限法引き直し計算をする
ことのよって、減額された元本から更に5分の1(最低100万円)への減額が行われます。
さらには マイホームを手放さなくてよいことですね。
 
過払い金の返還
一般的に貸金業者との取引が長期に渡っている場合は、利息制限法引き直し計算によっ
て、残元本以上の返済をしている場合が多いんです。その場合、多くの場合は支払い過
ぎの過払い金の返還を請求することが出来ます。
 
取立ての規制
弁護士、司法書士が個人民事再生手続に入った場合、本人に対する取立てなどの直接の
請求行為が禁止されます。

 

個人民事再生のデメリット

それでは個人民事再生のデメリットについても見ていきましょう。

ブラックリストに載る
信用情報機関に、ブラックリストとして約7年間登録されてしまいますので、自分名義の借
金や住宅ローンができなくなります。。銀行のキャッシュカードなどは問題なく作れます
ので金融機関からの振込み、引き落としなどは以前と変わらず使用出来ますので安心
して下さいね。

原則3年で返済
民事再生では減額はされるものの、原則3年で返済しなければいけんません。(特別な
理由に限り最長5年)。住宅ローンも払っていかないといけませんので、事前によく計算
しておきましょう。

保証人に説明
一部の債権者を除外して手続を進める事が出来ません。もし保証人がいる場合は保証人
に対して事前に説明する必要もあります。自己破産と同様に債権者平等の原則が働き
ます。

 

注目サイト

店舗アプリの作成を行っている業者おすすめTOP5!口コミで人気のお店アプリを比較

最終更新日:2018/11/16

 

TOPページ悪質業者に注意金融業者の種類借金に関する法律債務整理のQ&A
任意整理特定調停個人民事再生自己破産過払い金ご意見・ご感想
Copyright (C) 債務整理で借金なくそう。  All Rights Reserved  このサイトはリンクフリーです